法律全般についてのWebサイト「現代人のWLBとサービス残業」

世界一働き者の日本人

「日本人は世界一忙しく働く」人種であるということは有名な話ですが、そんな日本人を誇らしく思う一方では、やはり「過労」や「労働に見合わない収入」などといった問題点は労働者の立場としては見過ごすわけにはいきません。
日本が誇る物作りの技術やサービス業に関しては世界的にも非常に高く評価されている反面、一人当たりがこなさなければならない仕事量の多さは相当なもので、仕事に明け暮れる生活を余儀なくされる人々が大半であることも事実です。
働くことと、人らしい生活を送ることとをうまく両立してゆける社会になることを誰もが期待しているはずですが、日本に生きる現代人としてどのように考えてゆくことができるのかを、一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

ワーク・ライフ・バランス(WLB)を考える

「ワーク・ライフ・バランス(WLB)」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
特に最近日本において注目されているこのワーク・ライフ・バランスとは、その名のとおり、「仕事と生活の調和を図ること」といった意味合いなのですが、働き方も生き方も多様化する現代社会において、目指すべき社会の指針となるものです。

サービス残業内閣府において「仕事と生活の調和憲章」が掲げられましたが、その内容は「国民一人ひとりがやりいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすと共に、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」を目指すものとなっています。

仕事も私生活も十分に満たされた生活というものは私たち現代人にとっては夢のような生活であって、「現実を見なければ」と思うかもしれませんが、それでも幸せを願うのであれば、一人ひとりが真剣に自分の生活・自分の人生・自分が生きる社会を考えてゆかなければならない時に来ているのかもしれません。

サービス残業について考える

そんななかでも特に気になるのが、「サービス残業」といった問題。働き手としては「サービスするつもりはないのに、暗黙の了解で残業代もつかないサービス残業をさせられている」と感じる人も多いのではないでしょうか?
では、今回はワーク・ライフ・バランスを念頭に置きながら、現代人が抱えるサービス残業問題について考えてゆきたいと思います。
まずはサービス残業とは一体何なのか、残業の仕組みや法律について。そして、サービス残業をしたときにその残業代を請求することができるのか。といったことに関して詳しくお話してゆきます。